忍者ブログ

蛇の舌先

「空っぽの要塞へようこそ」
忍者ブログ [PR]
06 2017/07 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 08

:2017:07/24/01:38  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2006:11/09/19:36  ++  我思う、故に

 人殺しか、自殺の方法を考えるのに似ている。

 「誰に(あるいは自分)?どのくらいの規模で?目的は?手段は?直接的に?間接的に?使うモノは?それを主に使うのか?それとも補佐として使うのか?苦痛を伴う形にするのか?いっその事楽にいくのか?通知するのか?それともしないのか?するとしたら媒体は?特定の誰かに送るのか?それとも公布して知らしめるのか?終わった後逃げるのか?それとも立ち向かうのか?その場に留まるのか?もう一度立ち寄ってはみるのか?」etc、etc。

 いや、どっちにせよ実践する訳じゃ無いし、誰かに当てはめる訳でも無い。「考えてみる」だけ。それだけなら面白いしね、いい暇潰しになる時もあるんだ。「考えるだけ」なら誰かを傷つけるわけじゃあないし、モノの見方の一つ、みたいな感じかなぁ。
 
 後者に関しては、前は結構考えてはいたけどね。
 本当にそう思ったんなら、今ココにこうしてる訳は無いって事で。

 つまり、何の話かって言うと、「何かを書く、表現する事は、それに非常に似ている」って事。
 あくまで俺の場合は、だけどね。
 で、風呂敷を広げすぎて結局モノにならなかったりする訳さ!(笑)

 うまくいってるのは詩くらいかなぁ。それでも「長い」って言われるんだけどね。
 文章構成能力が低いんだろう、きっと。もっと勉強しなくちゃね。
 それでも、詩はわりかしうまくいってるんじゃないかなぁ、と。

 なんでかなぁ、とちょっと考えてみた。先述の「人殺しか自殺に~」方式で。それが一番うまくやれる方法だしね。

 で、結論。
 「自分をある程度限定しているから、うまくいっていた」
 以上。

 そこに至るまでのプロセスは、またも長くなるから「今回は」割愛。
 ただ、ある程度ならば限定する方がうまくいったりするんだなぁ、と。
 行き過ぎるとここに書いたりする訳だ。なるほどなるほど。
 それに、書く事によって鮮度を保つ事が出来る。まぁつまり、残ったまんまになって読み返す事が出来るしね。
 前みたいに「うわぁ、実現出来てねぇじゃねぇか!ここに文章書いている奴はアホじゃねぇのか?」って、自分で思わないようにしなくちゃ。うん。

 それじゃまた。

 「99通りの死に方。神様、俺はまだ、アンタに会う準備が出来てない」

PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+