忍者ブログ

蛇の舌先

「空っぽの要塞へようこそ」
忍者ブログ [PR]
06 2017/07 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 08

:2017:07/24/01:37  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2006:12/31/16:31  ++  総決算~後編~

 2006年12月30日
 片付け後(正確にはまだ終わっていないのだけれども)、友人二名を捕まえて
東苗穂のレジャスポへ突撃という運びに。
 家を出たのが確か午後五時頃。
 なんだか最近出かけてばっかりなような気がする。一時期部屋に篭りきりだったからちょうどいいのかも知れない。

 フリークライミング→ビリヤード→ゲーセン→ロデヲとか色々→カラオケという流れで進んでいく。

 フリークライミングは遂に制圧。確か同じとこで3回位失敗したんじゃなかったかな?難しい方。ぶら下がって懸垂すればよかったんだという事です。
 次に掴む・足場にする岩とか、身体の配置とか考えながら登るのが非常に楽しい。集中力と身体能力両方要求されるというか何と言うか。ハーネス(上からロープで身体を吊るす道具)無しの緊張感でやると凄い楽しそうと感じるものの、まだそういうレヴェルじゃない事も実感。
 ちょっと面白いのでどっか探してみるかなぁ。

 ビリヤードは練習しないとダメかもなぁ、でも玉真っ直ぐ打てるようになった気がするのでそれはそれでいいか。楽しいもんだという事がわかったし。
 キューをエアギター代わりに弾いてばっかりではいけないという事です、ハイ。
 
 なんだか自分の事ばっかり書いている気がするけど、楽しい時間が過ぎていったのだという事です。それをうまく伝えられないだけだ!と開き直ってみるテスト。
 そして、誘ってみるもんだなぁ、と。

 レジャスポの後は富士屋でデザート及び夕食。
 “シェフの気まぐれ”の解釈についてとか、近況とか色々話しながらもぐもぐ。
 パフェ突っつくのは面白いのだという事を発見。次はピープルピーポ(だっけな?)に行けると良いな。

 その後一人を家に送る。また遊んでくれるといいが。
 そして・・・

 件の友人を送った後、レジャスポに行く際に“今日は用事があるから無理だ”と断られた友人に電話をかけまくる。まるでストーカーの用に。
 何がしか確信があったのだという事です。“まだ起きてて何かしてるだろ?”という。
 こっちに来られないのならば、こっちから面を見せてやるぞというノリだという事です。
 しばらーーーーーく電話をかけると繋がったので、過去日記のドラマーを無理矢理叩き起こして、電話が繋がった友人の居る所へと向かう。
 埠頭へと。

 この辺からテンションがおかしくなって来て、“誰だろうとかかってこい!”的な感じに。
 レジャスポの時もテンション高かったんだけど、針を振り切るというかなんというか。
 運転しっぱなしというのも関係があったのかも知れません。とにかく、かつて慣れ親しんだ助手席でウイスキーをガソリンのように流すが如くのテンションであったという事です。

 埠頭で車をクルクル回してもらい、雑談をして解散。
 最後まで残っていた友人を自宅に送り、しばらーく会話なりをして別れる。
 時期が時期だけに色々整理をつけるべきなのかもな、と、感じる。
 それを話す機会をくれる全ての友人に、感謝。

 例によって帰宅は夜明け頃。タフなもんだ。
 恐らく今日もそれくらいになるんだろう。
 おとなしくしているつもり・・・ではいたんだけどなぁ。
 今日から明日にかけて、初日の出を見に行ってきます。

愛と憎しみを込めて
Naked King-V
PR

いってら~

遊び納めってこともあるけど
はめをはずしすぎて怪我などをせぬように(笑)

日の出・・・俺は体質上見れないけど
よい初日の出を迎えることが出来るとええね~

  • :2006年12月31日日
  • +
  • +:秋羅@執筆中
  • +

帰還(遅ッ)

仕事完了。いや、片付けはまだなんだが・・・
“方向転換が激しい”
案外図星というか、今までそういう風に表現されたのは初めてだな・・・
“今の所は”怪我も風邪も何も無い。お互い気をつけようなぁ。

  • :2007年01月03日水
  • +URL
  • +:Naked King-V
  • +

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+