忍者ブログ

蛇の舌先

「空っぽの要塞へようこそ」
忍者ブログ [PR]
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

:2017:12/13/14:24  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2007:03/25/09:35  ++  ミミズクと夜の王

を読みました。
きっかけは友達のお勧め。

本を一気に読むのは久しぶりなような気がする。図書館から何冊も借りる→章ごと等区切り区切りで本を読み変えていく、という読み方をしていたので。
しかも、しっかり読むべく、段落ごとで読み返していたりしていたので、結果として、何だかジャンルも用途も別々のパーツが頭の中に蓄積されていく、という感じだったので、そういう意味でも新鮮でした。
「これは使えるかも知れないぞ」と、部屋にいつ使うかわからないモノが溜まっていく感じとでもいいますか。
あー、
そうやって部屋が雑になっていくのだな、と。

そう、
新鮮でした。
奇をてらわない新鮮さ。
他には何も要らん!とばかりの勢いで投げ出された、直球。
それでないとストラックアウトは獲れないんだぜ?と。

つまり、
ど真ん中だったという事です。
まるで絵本のようだった。
誰しも心に描き、叶うと良いなぁ、と祈る、絵。
それは翼であり、魔法であり、願いであり、想いであり、
そして、
愛であるのだな、と。

そんな、
物語でした。

「ダンテス」と言う名が出てきたので、
厳窟王を久しぶりに読んでみよう。
幼い頃に大好きだった物語。

と、
殆ど引きこもりと変わらない状況にて。

PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+