忍者ブログ

蛇の舌先

「空っぽの要塞へようこそ」
忍者ブログ [PR]
05 2017/06 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 07

:2017:06/28/07:29  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2007:01/11/00:07  ++  ピクチャー・オブ・ホーム

 先日、友人にデッサンを見せた所、絵については99叱られて1褒められるという、ツンデレっぽい状況だったので、反省と後学の為に人体解剖図(骨と筋肉の構造)と、“ボディウォッチング”というタイトルの文庫に手をつけてみる。
 で、それを参考にしながら描いたのがこちら。
cd85bc52.jpg








 やっぱりバランスがおかしい気がする、左の肋骨誤魔化してるし。もう描きまくるしかないんだろう、きっと。 

 描きたいのは“血の通った絵”
 頭を割れば脳味噌が漏れて、肩口を撃てば皮膚を裂き、肉を貫き、骨が砕け、血が吹き出る。
 そんな感じを。
 
 ファンタジィやデフォルメされた絵だと、どう考えても勝ち目は無いし、そういう視点も持ち合わせていないのだという事です。
 
 “痛み”というネガティヴな状態を創造するのは、ポジティヴだと言えるのだろうか?

PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+