忍者ブログ

蛇の舌先

「空っぽの要塞へようこそ」
忍者ブログ [PR]
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

:2017:09/23/05:33  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2007:01/19/01:11  ++  同様の動揺

 ふむ。
 俺は鉄の扉の前で、どうした物か考えを巡らせていた。

 “生体認証”
 網膜であったり、指紋であったり、身体の一部を登録してパスワード代わりにするシステム。
 前者の場合、対象者が糖尿病やらなにやらを疾病している事さえわかるらしい。
 “貴方はガンを発症する恐れがあるから、弊社では採用を見合わせて頂きたく…”とか、言われる日が来るんだろうか。
 後者の場合、昔から印鑑代わりに使われていた感もある。
 つまり、扉の向こうへ入るその都度判を押して、ドアロックを解除してる訳か。
 常に更新される契約、合意するかしないかを隔てるドアロック。

 中指の血管を登録するシステムを採用していた。
 ドアの向こうへイクたびに中指を差し出す、“FUCKして下さい”と。
 喉の奥まで咥え込んでから支払われる給料、“身体が資本”とはよく言ったモノだ。

 9回に1回。
 それが俺がドアロックを解除する、おおよその確率。
 バッターボックスに立ったならば、ツーアウトと空振り二回でようやく一球バットに当てて、
 ピッチャーマウンドへ上がったならば、二人程塁に送った後、ようやく一球ストライク。
 早いのはベッドの上だけ、ってか?とんだ不感症だ。ただでさえ少子化がどうとか言ってるのに。
 しかしこれじゃ、仕事にならない。

 “客引きみたいにドアの前で突っ立って、開けられる人が来るのを待つ”
 人が多いうちはこの作戦を採用してみた。
 気分はまるで娼婦。“お仕事”の為だというのは変わらないのだけど。
 受け身の営業活動は功を奏し、とりあえずドアの前で腕組みする時間は減った訳だよ、ブラザー。
 問題は人が少ない時…仕事始めだ。

 ざっと周りと自分の持ち物を、見回してみる。
 狭い廊下に非常口、火災が起きた時の警報装置、申し訳程度に用意された流し台、手には仕事に使う資料と、ついさっき自販機で買ったジュース…。
 警報装置を鳴らせば、ほぼ確実でだろうが、入るたびにいちいち火災を演出する訳にもいかない。
 俺がしたいのは放火(自作自演)ではなくて、仕事なのだ。
 そういえば、似たようなシチュエーションが前にもあったな、と、過去の出来事が脳裏を焦がす。
 確かアレは仙台(の一歩手前の塩釜)のホテル。入り口を通るのにカードキーを使っていたのだが、それを部屋に忘れたまま出かけた時の事。
 部屋にはロック掛かってないのだが、ホテルに入るためにロックを解除しなきゃならなかった時の事。
 ひとつやってみるか、面白そうだし。

 要は、“外から開けられない”のだから、“中の人に開けてもらえばいい”のだ。
 中の人に開けてもらう手段は、昔から相場が決まっている。
 もっとも原始的な、扉を開けるパスワード。
 俺は扉を軽く、拳で数回ノックした。

 ガチャリ、と、目当てのドアが開く音を、非常口の裏で聞いていた。
 どうやらうまくいったようだ。
 “ついさっき下でジュース買ってきたんですよ”という顔をして、そして実際ジュースを持って、開いているうちに-閉まっていくドアの音を聞きながら-仕事場へ入った。
 
 「おはようございま~す」
 ちょっと手を貸して貰った事に感謝する意味もある、営業用の笑み。
 「え?あれ?さっき誰かノックしてませんでした?」
 「いえ?セキュリティあるのにノックする人なんているんですか?」
 「いやそれはそうなんですけど…誰も居なかったんですよ…」
 「へぇ、すれ違ったりとかはしなかったですけどねぇ、不思議ですねぇ。あぁ、今日もよろしくお願いします」
 「え?はい、お願いします」

 ふむ。
 流石に何回もやるのは不味いな。
 甘いうちにつける嘘、プロポーズにも似たスリルの味。
 記録されない事ならば、無かったのと一緒だ。
 ましてや中指にエンゲージリングなんて要らない、FUCK!

 さて、明日はどうするか。
 

PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+