忍者ブログ

蛇の舌先

「空っぽの要塞へようこそ」
忍者ブログ [PR]
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

:2017:12/13/14:25  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2007:01/17/20:51  ++  “腐ってやがる!”

 今日、俺が楽しみにしていたモノは二つ、それはマロンケーキとまんがタイムオリジナル。
 前者はちょっと気合入れて朝ご飯作ろうとした時に、冷蔵庫を開けて、後者は朝起きた時テーブルに横たわっていたのを発見したのであった。

 まんがタイムは高校~二十歳頃の期間、よく読んでいた。
 朝、出かける前に、コーヒーと煙草をすすりながらサクっと読む。“今、何を連載してるんだろう?”といった感じで。
 俺が読んでいた頃の作家は残っていたが、作品は残っていなかった。が、面白い。遅刻を気にする程面白い。
 時期的にバレンタインの話題が多かったが、ホワイトデーを気にしなくていいからいいんだ、と、それ以上思考が進行するのをストップさせる。
 我ながら姑息なモンだが、後ろ向きに前向きなよりはいいんだ、と言い聞かせる。

 サクっとしか読んでいなかったのと、朝にマロンケーキを食べたくなかった(だって勿体無いもの!)のとで、仕事帰りの楽しみに両者ともとっておく事にした。

 そして夜7時過ぎ、感動のご対面。

 コーヒー、煙草、まんがタイムオリジナル、そして麗しのマロンケーキ。
 仕事と俺を拘束していたスーツは、ハンガーにさようならそしてまた明日。
 煙草を吸いながらコーヒーを啜り、まんがタイムオリジナルに癒され、いよいよマロンケーキをほおばる。
 …なんて幸せな時間なのか!

 「それ、読むのはいいんだけど…それ、食べたの?」

 まんがタイムオリジナルの持ち主の登場、弟だ。
 マロンケーキの残骸(ギザギザのアルミホイルと、透明なセロファンとそれに付着するクリ-ムといった物)を指差して俺に告げる。

 「あのさ、変な味しなかった?」

 別に。
 俺は今幸せなんだ、ほっといてくれ。

 「…それ、二週間前くらい前のだから、さっき棄てようと思ってたんだけど…無くなってたから…」

 …さようなら、俺のマロン。
 
 煙草…辞めようかな…。 
 口の中に残るイガラっぽさが、急に憎らしくなってきた。

PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+