忍者ブログ

蛇の舌先

「空っぽの要塞へようこそ」
忍者ブログ [PR]
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

:2017:12/13/14:25  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2007:02/12/23:40  ++  反省

 いい加減ノリやら何やらで行動するのはどうか、と思う一週間だった。
 今年の目標、守れてないじゃないか。

 10日。
 朝、携帯の着信で目覚めさせられる。仕事の話。引き受けない理由は無いので了承。逆を言うと断らない理由も無いのだけれども。また走り回る日々が始まるという事か。予定されていた事とはいえ、いざ付きつけられるととんだギフトだ。

 『麻生の飲み屋に来い』
 「わかった」

 仕事帰りに気付いた着信履歴を追うと、以上のやり取りの末呑みに行く事に。相手は忘年会以来の小学生からの友人。例によって金は無い。が、行かない訳にもいかない。潰れる・潰される・潰す、これらのいずれかが起こる事を覚悟しての参加。
 席につくと、それらの覚悟が杞憂であった事を知る。“テノールやアルトは聞き飽きたね”といった会話とビール。次の日(11日)が仕事である事を悔いる時間を過ごした。

 11日。
 朝、昨夜の面倒を片付けに麻生へ戻る。その時は別にどうとも思ってはいなかったのだけど、後になって考えてみるとまずい事をしたな、と。
 切っ掛けは友人の盗塁のサイン。腕をグルグル回して三塁にギリギリ滑り込んでからの話。
 原因は全て俺にある。片付いて良かったといった所か。
 今後やらない事を祈りたい名乗り方をする。教訓は冒頭の通り。
 去年は後ろで今年は前か、と。

 仕事帰りに雪祭りをサクっと閲覧。

 12日。
 ちょっとした整理(面倒含ム)とちょっとした学習に費やす。
 クリーニングに出していたスーツが仕上がったのと、少しずつ部屋が片付いてきていていい気分。
 
 状況を見に後輩の家に行ったらウイスキーを出された。“何故”と問いたら、“呑むでしょ?”と解かれた。“それなら先にストーブを買うべきだ”と言ったら、“季節の変わり目だから仕方が無い”と言われた。
 理解は出来るが賛成は出来かねる意見だった。
 
  
PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+